FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

歴史が現在つくられている現場、というのはわりと同時代の人にとっては、「大したことである」という感覚は少ないものなんでしょうか。

イチローが、安打を製造しまくっているときに、もう忘れられた過去の名選手に再びスポットライトが当たって、興味関心をもたらしてくれたように、

今、日本のエンターテイメントでは、いろいろな記録が毎月のように更新されて、過去のスーパースターたちの思い出をよみがえらせています。

すでに20世紀の記録であるスピードのシングル売り上げ枚数に、改めて凄いなぁと思った見たり、

オリコンチャートで1位~3位までを独占したタレントは、こういう人たちだったのかと感嘆したり、

写真集の販売でも1~3位を独占した人はいるのかな、とか、

いったい日本で一番CDを販売しているのは誰なんだろうかと気になったりします。

簡単に言えば、

日本レコード大賞や歌謡大賞のような「賞」というのが、いつしかプロレスのように「総合的な力」というわけのわからない権威によって筋書きが書かれ、

すたれたとき、

何でもありのバリートゥーードやKー1のように本来の格闘技が持つ「ガチ」の魅力を、本来タレントはその中で洗われてきたように戻した のが「総選挙」であるともいえますが、

ここの面白さは、上位には上位なりの、下位には下位なりのドラマがあって、それぞれのファンはそれぞれのレベルで楽しめるというところ ですね。

情報が氾濫すればするほど、一人の勝者とその他の敗者ということにはならないというとんでもない「厚み」を持ち始めていて、

この新しい時代の、等身大の宝塚システムは、ひょっとしたら10年続くのではないか?

なんて思ってしまうわけです。

秋元氏は、塩飽通りに、「最大公約数の時代」ではなく「最小公倍数の時代」のアイドルシステムを、ライブパフォーマンスによって作り上げたといえるでしょうね。

ばかばかしい、と言ってしまうのは簡単なのですが、

もはやそうもいっていられないこの仕組みの解明・分析に、それこそプロレスのようにありとあらゆるジャンルの人たちが参加し始めています。

一回目の総選挙の1位は、大きな学校の生徒会長になるくらいの得票総数でした。
二回目の総選挙の1位は、地方の市長に当選するくらいの得票数でした。
三回目の総選挙の一位は、衆議院選挙で管直人に勝てる可能性のある得票数でした。


これは、いったいどうなっていくのでしょうか。

上海48が「国際総選挙」に出る時には、共産党政権の中国において、選挙による最大の「票数」を獲得する人物が、出現する可能性さえ あるような気がします^^

さて、今年も、心を震わせる「コメント」が誕生するでしょうか。




検索機に出てこない情報を。



↑6月5日(火)【アメリカ国土安全保障省】ソーシャルネットワーキングサイトを監視するのに使用されるキーワードのリスト。発信終了。

「チェックメイト」どう見てもこの動画、プロ仕様だね^^、と思う人は、


無料メルマガ「プアーブロガー養成講座■ブログの真相」

今のうちに登録しておきましょう^^


よろしく^^

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ
にほんブログ村

ウェブログ ブログランキングへ

関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アダルト
コメント:
この記事へのコメント:
こんにちは。
面白いですね。

秋元さんの生み出す企画の
表層でなく、本質・構造
を探る記事をリクエストです(^^

時間があれば。
2012/06/05(Tue) 23:41 | URL | ktmn | [編集]
佐藤さん・・・

オヒサシブリーフでふ^^
私もメインブログをFC2に移行しやした。
アクセスくだせぃw
2012/06/11(Mon) 09:25 | URL | 詐欺商材実名晒しの会(ノーちょい) | [編集]
会長さんっ!
ダメよっ!
そんなコメントじゃ、ヒロさん帰ってこないわよっ!

もっと、心震わせるコメントじゃないと!

ヒロさ~ん

もう一週間じゃん。
どうしたの?

まあ、リアルで忙しいのは(ゆうことのデートとか)、何よりだけどさぁ~

でも、今日はメルマガ早かったから、そろそろかな?^^

ブラッドベリ、亡くなっちゃったんだね。
知らなかった。

「10月はたそがれの国」や「悪夢のカーニバル」は、少女時代のゆうこに、少なからず影響を与えた作品です。

安部公房の「砂の女」も、長い間、ゆうこのお気に入りの小説でした。

そして、ヒロさんは、彼を安部公房に似ていると言った。

不条理ものと、センチメンタルな幻想小説←ゆうこの認識です

そんなこと言った人、いないよー

ゆうこは、好きなものを手当り次第に、ポケットに入れるけど、なぜ好きかとか考えたり、体系的に整理したりできないんだよね。

ヒロさんがいないと、ゆうこも書けない。

早く、帰ってきてね。
みんな、待ってるよ。
2012/06/12(Tue) 15:27 | URL | ゆうこ | [編集]
Re: こんにちは。
> 面白いですね。
>
> 秋元さんの生み出す企画の
> 表層でなく、本質・構造
> を探る記事をリクエストです(^^
>
> 時間があれば。

AKB立ち上げ時点から整理しているのですが、深すぎて、まだまとまらないです^^
2012/06/12(Tue) 16:25 | URL | 佐藤浩 | [編集]
Re: 佐藤さん・・・
> オヒサシブリーフでふ^^
> 私もメインブログをFC2に移行しやした。
> アクセスくだせぃw


行きます!^^
2012/06/12(Tue) 16:26 | URL | 佐藤浩 | [編集]
Re: 会長さんっ!
> ダメよっ!
> そんなコメントじゃ、ヒロさん帰ってこないわよっ!
>
> もっと、心震わせるコメントじゃないと!
>
> ヒロさ~ん
>
> もう一週間じゃん。
> どうしたの?
>
> まあ、リアルで忙しいのは(ゆうことのデートとか)、何よりだけどさぁ~
>
> でも、今日はメルマガ早かったから、そろそろかな?^^
>
> ブラッドベリ、亡くなっちゃったんだね。
> 知らなかった。
>
> 「10月はたそがれの国」や「悪夢のカーニバル」は、少女時代のゆうこに、少なからず影響を与えた作品です。
>
> 安部公房の「砂の女」も、長い間、ゆうこのお気に入りの小説でした。
>
> そして、ヒロさんは、彼を安部公房に似ていると言った。
>
> 不条理ものと、センチメンタルな幻想小説←ゆうこの認識です
>
> そんなこと言った人、いないよー
>
> ゆうこは、好きなものを手当り次第に、ポケットに入れるけど、なぜ好きかとか考えたり、体系的に整理したりできないんだよね。
>
> ヒロさんがいないと、ゆうこも書けない。
>
> 早く、帰ってきてね。
> みんな、待ってるよ。

はい。

がんばって整理します^^
2012/06/12(Tue) 16:27 | URL | 佐藤浩 | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
こんにちは。 歴史が現在つくられている現場、というのはわりと同時代の人にとっては、「大したことである」という感覚は少ないものなんでしょうか。 イチローが、安打を製造し
2012/06/08(Fri) 12:34:57 |  まとめwoネタ速neo
こんにちは。 歴史が現在つくられている現場、というのはわりと同時代の人にとっては、「大したことであ
2012/11/01(Thu) 09:20:45 |  まっとめBLOG速報
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。