FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

ヴィルヘルム・ライヒは若くして成功した科学者でした。

法学部からウィーン大学医学部に入学しなおし、敬愛する同じユダヤ系のジークムント・フロイトの助手になり、フロイト派の精神分析家として活動し、植物神経療法を生み出しました。

しかし、

精神分析とマルクス主義を結びつけようと、プロレタリアートの性的欲求不満が政治的萎縮を引き起こすと主張、共産党を除名されます。

1933年にナチスのファシズムを性的抑圧によるノイローゼ患者のサディスティックな表現と分析した『ファシズムの集団心理学』を上梓。自身がユダヤ系ということもあり、ナチス・ドイツ政権から追われ、翌1934年にはノルウェーに亡命。

42歳にして、何を思ったか、自然界に遍在・充満するエネルギー「オルゴン」にとりつかれ、オルガスムス(性的絶頂)からオルゴンと名づけられたこのエネルギーは、性エネルギー、生命エネルギーであるとされ、病気治療に有効であると考えはじめます。

臼井甕男とどこが違うんでしょうか?

1941年、アルベルト・アインシュタインにオルゴノスコープ(オルゴン拡大鏡)でオルゴンの説明をしています。

ライヒは1954年にアメリカ食品・医薬品局にオルゴン・アキュムレーターの販売が、がん治療機の不法製造販売にあたると訴訟され、その裁判所の命令に従わなかったため、1957年投獄、同年11月3日コネチカット刑務所で心臓発作で死亡しました。

彼の著作物はアメリカ食品・医薬品局により焚書にあい、ライヒ文庫は50年間閉鎖されています。時代に先がけすぎて多くの誤解を招きますが、彼のセラピー技法は、様々な形で現代にも受け継がれています。

主な著書に、「性と文化の革命」「オーガズムの機能」「性格分析」「衝動的性格」「ファシズムの大衆心理」など。



その弟子やフォロアーには優秀な科学者も多く、

マイロン・シャラフ・ハーバード&タフツ医科大学教授は下の本で彼の業績を再評価しています。

また、コリンウィルソンは「性と文化の革命家―ライヒの悲劇」で、「わたしはライヒが嫌いだ。でも彼がもし正しかったとしたら…」。と書いています。

実は、

ライヒがオルゴン集積器を改良して九人の癌患者の治療に成功したことは事実でしたし、

雲集散装置を使って雨を降らせ、ハリケーンの進路を変えるなど気象操作に成功したのも事実だったのでした。

理由はわかりません^^

ウィルヘルム・ライヒ―生涯と業績 (上)



For Excentrique Life and beyond



↑4月24日(火)【食品の最大の詐欺】あなたは本物の神戸牛を味わってきたと思いますか?発信終了。

理解できないものは異質者、と思う人は、


無料メルマガ「プアーブロガー養成講座■ブログの真相」

今のうちに登録しておきましょう^^


よろしく^^

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ
にほんブログ村

ウェブログ ブログランキングへ

関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アダルト
コメント:
この記事へのコメント:
ごめんね~
遅くなった。

まあ、夜中に焼きそば作って食べる女は、あんまり可愛くないよね^^

ゆうこなら、とりあえず、フルーツとかヨーグルトって言っておくけど。
(ホントは、ひじきの煮付けに赤ワイン)

まあ、いいや←実は他人に興味なし

ヒロさん、リンクの貼り直し、頑張るね~

間違いがないか、ゆうこがひとつひとつ
チェックしてるから安心してね^^

で、なんなの?
今夜はオカルト~?

ゆうこの卒論のテーマ、フロイトだったけど、出す前にアメリカに逃亡して、学校辞めたから、よくわかんない。
2012/04/25(Wed) 00:20 | URL | ゆうこ | [編集]
Re: ごめんね~
> 遅くなった。
>
> まあ、夜中に焼きそば作って食べる女は、あんまり可愛くないよね^^
>
> ゆうこなら、とりあえず、フルーツとかヨーグルトって言っておくけど。
> (ホントは、ひじきの煮付けに赤ワイン)
>
> まあ、いいや←実は他人に興味なし
>
> ヒロさん、リンクの貼り直し、頑張るね~
>
> 間違いがないか、ゆうこがひとつひとつ
> チェックしてるから安心してね^^
>
> で、なんなの?
> 今夜はオカルト~?
>
> ゆうこの卒論のテーマ、フロイトだったけど、出す前にアメリカに逃亡して、学校辞めたから、よくわかんない。

ありがと。

やってみたら、異常に大変で、まだ3月の半場。

とても連休中では完成しないよ・・
2012/04/25(Wed) 00:58 | URL | 佐藤浩 | [編集]
こんばんは。
この記事を読ませていただくだけで、ライヒ自身が精神を

病んでいると疑われていたのも仕方がない気がします(^^)

でも、本を読んでみたいと思いますが高いですね~(苦笑)
2012/04/25(Wed) 18:01 | URL | 高田 | [編集]
Re: こんばんは。
> この記事を読ませていただくだけで、ライヒ自身が精神を
>
> 病んでいると疑われていたのも仕方がない気がします(^^)
>
> でも、本を読んでみたいと思いますが高いですね~(苦笑)

裁判所の精神鑑定では白だったようですが、

根本的な問題がある可能性は、捨て切れませんね。

優秀な学者と病人は相容れないものでも無いようですし^^

でも、魅力的でしょ?
2012/04/25(Wed) 19:54 | URL | 佐藤浩 | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。