FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンディズムとは苦行の果ての結晶なのでしょうか。

井原西鶴の『西鶴置土産』は、西鶴の死後にその弟子たちによって発表されたもので、解釈の方法でいろいろ議論が分かれています。

一つエピソードをご紹介しましょう。

上野の池之端に金魚屋があって、そこへ毎日金魚のえさ・ぼうふらを売りにくる乞食のような男がいました。
あるときそこへ三人の金持ちが金魚を買いにやってきました。

その男と出くわしてよく見れば、ぼうふら売りは「伊勢町の月夜の利衛左門」というかつての遊び仲間のあいだでは有名な大尽でした。

そんな利左を見て三人は驚き、なんとか金を出し合って助けようとしますが、「女郎買いの行く末はこうなる習い。好きでやったことなので、恥ずかしいことでもない」と言って金を受け取ろうとしません。

しかしみんなの好意はうれしいものだ。久しぶりだし、酒でも飲もうという事になり、利左は、近くの茶屋で「これしかないが、酒をくれ」と、その日の商売の売り上げ25文をぽんと投げ出しました。さすがにキップが良いようです。

それから、近くだから利左の家にいこうという話になって行って見ると、むかし吉原で有名だった女郎が笑顔で顔見知りの三人を迎えます。

貧しい住まいで、寒いのに子どもは裸のままでした。お茶をいれる薪さえなく、こわれた仏壇の扉をたたきわって火にくべる始末。

これには客たちもますます哀れに思って、帰る時に持ち合わせの金を出し合って、そっと置いていきます。その額は一歩金三十八、細銀七十目という大金でした。

彼らが暗くなった夜道を歩いていると、後から利左が追いかけてきて、「これはもらういわれの無い金だ」と道に投げて帰っていってしまいます。

客たちは二、三日後に使いの者をやって女房宛に届けさせようとしますが、その時すでにそこは空家になっていたと・・・

この話のオチは、この三人の分限者は利左の落ちぶれようを見て、女郎買いをやめたので、遊郭の女郎・三人は大きな損失をこうむった、となっています。



深みのある話ですが、「好色・放蕩の行く末は悲惨である」というような単純な道徳話では無いように思います。

「女郎狂いする程のものに、うとき一人もなし」という西鶴の、遊里に入り浸り好色に徹した放蕩の末、人間性を磨き、やがて隠者の境地に達するという思想から見ても、これは一種の遊びに対する覚悟とダンディズムの話なのではないか。

そう思える赤西仁と黒木メイサの物語なのでした^^



For Excentrique Life and Beyond



↑4月13日(金)【ブロガー】無料メルマガでも書けないアメブロの話、発信終了。

このブログのリンクほとんど切れてるなぁ、と思う人は、


無料メルマガ「プアーブロガー養成講座■ブログの真相」

今のうちに登録しておきましょう^^


よろしく^^

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ
にほんブログ村

ウェブログ ブログランキングへ

関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アダルト
コメント:
この記事へのコメント:
こんばんわ
美脚の職人はブログでは使わせていただいてますよ。コメント書くのまでは照れるなぁって。

これって道徳的に捉えさせるいい教材にさせられそう。個人的には柴田錬三郎の小説みたいに感じます。

多分、利佐は身元が誰かに知れるまでの遊びだったんじゃないかなぁ。誰かにバレたら土地を棄てようって。


遊びをやめた旦那達も一年も経たないで戻っていそうだし。談志風に言えば「業の肯定」でしょうか。
2012/04/15(Sun) 21:49 | URL | オザキ | [編集]
こんばんは
遊びに対する覚悟のリンク先が笑えますね^^

矜持というのでしょうか。
人の幸せや価値観は、個別性と時代による差があるので何とも言いがたいのですが…

男性目線と女性目線によっても変わり、独り身と家族持ちによって責任も変化するのではないか、と感じました(笑)

2012/04/15(Sun) 22:24 | URL | 親子キャリア教育 | [編集]
ゆうこは
ついてった女郎の方がすごいと思うよー

ヒロさんがいなくて、まだ一日に一回は泣いてる…
2012/04/16(Mon) 00:14 | URL | ゆうこ | [編集]
Re: こんばんわ
> 美脚の職人はブログでは使わせていただいてますよ。コメント書くのまでは照れるなぁって。
>
> これって道徳的に捉えさせるいい教材にさせられそう。個人的には柴田錬三郎の小説みたいに感じます。
>
> 多分、利佐は身元が誰かに知れるまでの遊びだったんじゃないかなぁ。誰かにバレたら土地を棄てようって。
>
>
> 遊びをやめた旦那達も一年も経たないで戻っていそうだし。談志風に言えば「業の肯定」でしょうか。

本来の作者の意思とは逆のテキストにされそうですね^^
2012/04/16(Mon) 01:07 | URL | 佐藤浩 | [編集]
Re: こんばんは
> 遊びに対する覚悟のリンク先が笑えますね^^
>
> 矜持というのでしょうか。
> 人の幸せや価値観は、個別性と時代による差があるので何とも言いがたいのですが…
>
> 男性目線と女性目線によっても変わり、独り身と家族持ちによって責任も変化するのではないか、と感じました(笑)

でも、太夫の愛は勝ち取ったようです^^
2012/04/16(Mon) 01:08 | URL | 佐藤浩 | [編集]
Re: ゆうこは
> ついてった女郎の方がすごいと思うよー
>
> ヒロさんがいなくて、まだ一日に一回は泣いてる…

無効のほうも、なるべく更新するよ^^
2012/04/16(Mon) 01:09 | URL | 佐藤浩 | [編集]
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。