FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

たとえば志ん生は本物だが三平は偽者か。

ドビッシーは認めるがサティは三流か。

ゴッホは天才だがヨゼフ・ボイスは詐欺師か。

モンドリアンからはリズムを感じるがラウシェンバーグは落書きか。

こういうものの受け取り方は、一つは感性。
一つは、成功の度合いという社会的な階層評価でしかない。

人間の情動に訴えかけるものは、「歌のうまさ」とか「演技の迫力」とか言う技術の価値尺度(これも随分と恣意的なものではあるが)、以外にも沢山存在するわけで、

少年が大人になる本の一瞬の輝き、であるとか、
少女が一生のうちにほんのひと時、輝いて見える刹那の一瞬であるとか、

そういうものに美を感じることよりも、世の中の権威の評価を大事にするということは、自分の無さを教育によって補うものでしかないことが一般的であろうと思われる。

「本物か偽者か」そういう価値基準で芸事を見ることはナンセンスである。アメーバのコンサルタント 評価じゃあるまいし^^

サーカスの楽しみはオペラの楽しみに劣るのか?

それは、漫画が文芸よりも劣る文化であり、ポップミュージックがクラッシックよりも下劣な楽しみであるという価値評価と変わらない。

ロゼッタストーンはどこの美術館でも複製を見ることが出来るし、精巧なツタンカーメンの棺を見ることも出来るが、バザールで売っている龍の涙や、仙人になれる1000年前の秘薬は、「そこでしか」手に入らない。

偽者に価値がない。

あるいは「本物と偽者」にとらわれることは、快楽主義の敵である。



日々の発想のヒント!先生業のネタ本。



↑【数ヶ月先の未来】Googleメガネは、ガジェットの終わりの始まり、発信終了。

好きか嫌いかを他人に決められてはかなわない、と思う人は、


無料メルマガ「プアーブロガー養成講座■ブログの真相」

今のうちに登録しておきましょう^^


友愛ジャコバン党 の方は、本当に押してますか~。

よろしく^^

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍へ
にほんブログ村

ウェブログ ブログランキングへ

関連記事
テーマ:日記
ジャンル:アダルト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。